長男凧(鬼ヨーズ)制作体験&全国凧揚げ大会in見島

平成29年8月までの1年間に生まれた家族5組を全国より募集中!
*山口県萩市見島は、萩沖45kmの日本海上にあり、約千年の歴史を誇る人口約800人余りの島です。
 見島では、長男が生まれた際に健やかな成長を願って、畳6畳から8畳ほどもある大凧
「鬼ヨーズ」を親戚等で作り正月に揚げる風習があります。この鬼ヨーズは平安時代から
あったとの説もあります。
 しかし、年々過疎化が進み若者も少なく島で生まれる子供はほとんどいなくなりました
現在では島を離れた若夫婦に長男が生まれ実家に戻った際に作る程度で年に一件あるかないかです、そのため鬼ヨーズという島の伝統文化を継承していくことは困難な状況になっております。

 本年度も、平成29年8月までの1年間に長男が生まれた家族5組を全国より募集し、家族と一緒に鬼ヨーズを作り凧揚げ大会で大空高く舞い上げ家族の繁栄を祈念します。
 あわせて、凧、島が好きな方々を全国から呼び寄せ鬼ヨーズを広く伝えるとともに見島の歴史と自然を観光していただきます。


*長男家族には、作り上げた長男凧(長男名入)・糸 他一式と記念品を贈呈します。


*申込書には、必ず長男家族とご記入ください。

募集人員     5組(長男家族)・申し込みが5組以上場合、抽選とします

募集期間     8月15日〜9月30日

連絡先      見島観光協会  事務局(天賀、赤崎)

                 電話番号 0838−23−3344/2138
                        080−1915−0522(赤崎)

      
                             
日程及び申込はこちら